ドコモ長期ユーザーだった母をBIC SIM(格安SIM)に乗り換えさせたよ

BIC SIM
親愛なるdocomo、au、softbankを利用するあなたへ。今このタイミングで格安SIM(BIC SIM)に乗り換えませんか?いや、マジでグッドタイミングなんですよ。ぼくの母は年間75,360円も節約しちゃいました。

もくじ

ぼくは3年前からBIC SIM

ぼくは3年近く前の2014年10月1日から、ビックカメラが提供している格安SIM「BIC SIM(ビックシム)」を利用しています。

当初はね、ガラケーとの2台持ちだったんですよ。理由はそのほうが安いから。

そう、大手キャリアでスマホ契約をするよりも、「電話は大手キャリアのガラケー + ネットはSIMフリースマホで格安SIM運用」の2台持ちをしたほうが安いんです。

普通に考えて2台持ちをしたほうが安いっておかしいですよね。どれだけ大手キャリアのスマホ料金は高いんだって話です。

で、今はスマホ1台のみ。iPhone6sをBIC SIMで運用してて、データ容量3Gの最安プランで月額料金1600円です。

格安SIMをオススメする理由

ぼくが格安SIMをオススメする理由はシンプルです。「安いから」それ以外はありません。

確かに通信品質やサポート面では落ちます。落ちるんですが、ぼくは3年ほど利用していて気になったことがありません。トータル考えたときに圧倒的満足度です。

質問
格安SIMにすると、どれくらい安くなるの?

契約もいろいろだから人それぞれなんですが、スマホ代がざっくり半額になると思ってください。

ぼくが利用しているBIC SIMで例示

通話とデータ通信ができるプランで、3Gで1600円です。6Gで2200円。10Gで3260円。

一方ドコモは、2GBで3,500円。5GBで5,000円。20GBで6000円。30Gで8000円。これに基本料金とか加算されます。

まぁ、ざっくり半額です。下手すりゃ75%オフとかになります。年間10万円以上節約できちゃう人もいるはず。

初回一発の割引きじゃなく、毎月ずーっとコストが浮くわけですから、その影響はデカいです。

格安SIMを使わずに金欠を嘆くな

あのね、ぼくは気心の知れた仲にはこんなこと言ってます。

「格安SIMを使ってないで金欠を嘆くなよ」
「まずは格安SIM。話はそれからだ」

「お金がない!」って言ってる人ほど格安SIMを使っていない印象があってですね、これまた殺傷能力の高い話だけど年収が高い人ほど格安スマホを使っているって調査結果もあります。

お金を貯めたければ毎月の固定費を見直すってのは基本中の基本じゃないですか。で、スマホ代って地味に大きいわけで、真っ先に手をつけるべき部分なんですよ。

あなたはケータイ代、スマホ代に月いくら使っていますか?キャリア利用者の平均は約6900円(端末代なし)~約9000円(端末代込み)らしいです。

格安SIMにすれば月1300円とかになっちゃいます。つまり毎月5600円とか出費が浮くわけです。年間67200円。超デカいですよね。3年で20万円超えますよ。

格安SIMへの乗り換えで最大の障壁とは?

格安SIMに変更しない最大の障壁って「面倒くさいから」じゃないですか?違うかな。ぼくの周りはみんなそうなんですよね。

よく聞く例
格安SIMが超お得ってことは小耳にはさんでるし、興味もある。でも、内容よくわかんないし、変更手続きとか正直しんどい。

↑こんな話をよく聞きます。こーいう人多いと思うんですよね。

でね、今ぼくは母親のスマホをドコモからBIC SIMに乗り換えさせたところなんだけど、実際のところどーなのかというと、「メンドクセー!」です。

だからこそ、この夏休みにやっちゃいましょうぜ!って話なんですよ。

格安SIMに替えてあげるという親孝行

そうそう、17年1か月という長期docomoユーザーだった母をBIC SIMに乗り換えさせたんですよ。

だけど、これ無理やりとかじゃなくて、ぼくが「BIC SIMはいいぞー」って何度か言ったことがあったから、「この夏休みにわたしのスマホ、BIC SIMにかえて!」って手続きを丸投げされたんです(苦笑)。

糞メンドクセー!

と内心思ったし、実際に面倒くさかったものの、軽く親孝行になったから良しとします。

その結果、スマホ本体の残債やら手数料など合計2.5万円ほど支払うことになったけど、月額7,580円が1,300円に!!

毎月6,280円のコスト削減ってことです。年間75,360円(※)。しかもデータ容量が2Gから5Gと大幅アップです。エグいでしょ?

BIC SIMはコスパ神なんですよ。ただし正直言って、乗り換え手続きはシニア世代には難易度高いかなって思いました。だからやってあげられる人は、親のスマホを格安SIMに変更してあげてください。

運用面では大手キャリアとほとんど変わらないどころか、変な機能も煩わしいセールスメールもないぶんだけ格安SIMの方がわかりやすいと思います。

そう、お金うんぬんだけじゃなく、より使いやすくなるから格安SIMはシニア世代に適しています。

(※)正確に言うと通話料金が加算されます。しかし使用状況とか見ると年間7万円削減は固いです。

BIC SIM(ビックシム)の良いところ

ぼくが3年ほど使っていて自信をもってお勧めできるBIC SIM(ビックシム)の良い点を挙げてみます。

利用料金が安い

BIC SIMは無数にある格安SIMの中において、価格帯は普通です。もっと安いSIMはいくつかあります。ただし、サービス面を加味すると「トップクラスにコストパフォーマンスが高いSIM」だと言えます。

通話料が50%OFFになるアプリがある

BIC SIMでの通話料は「30秒ごとに20円」というのが基本です。「みおふぉんダイヤル」というアプリが用意されていて、それを使って電話すれば通話料が半額(30秒ごとに10円)になります。

店舗サポートが受けられる

格安SIMで店舗をかまえているところは非常に少ないです。それが安さの秘密でもありますからね。BIC SIMは家電量販店のコジマ(ビックカメラ)で店員さんに質問することができます。

こういった店舗サポートが充実している格安SIMは他にスーパーのイオンが提供している「イオンモバイル」くらいだと思います。

即日開通できる

コジマ(ビックカメラ)にはBIC SIMカウンターというのがあるので、そこで即日開通できます。

即日開通には、(1)写真付きの身分証明書 (2)クレジットカード (3)メールアドレス (4)ナンバーポータビリティ予約番号 が必要です。

速度切り替えアプリが使える

BIC SIMは「みおぽん」という通信速度を切り替えるアプリが利用できます。低速(200kbps)にすると契約容量にカウントされないんです。これはぼくの中ではSIM選びで決定打になるくらい重要な機能です。

「低速」でも結構使えてですね、ヤフーニュース、ランニングアプリ、ポケモン、アップルミュージックなど普通に使えちゃうんです。それが容量に加算されないとなると、実質的にデータ容量が1.5倍になるような感覚です。

残ったデータ容量を翌月繰り越し可能

たとえば月3Gの契約で実際には2Gしか使わなかったとします。余った1Gを翌月に繰り越せます。翌月は4Gからスタートです。

「データ容量を翌月繰り越し」をやってる格安SIMは珍しくはないんですが、やっていないところも普通にあります。これは非常に重要です。いわばSIM選びの必須項目ですね。

公衆無線LANを無料で使える

「Wi2 300」という公衆無線LANサービスがあります。マクドナルド、スターバックス、ローソン、マツモトキヨシ、JRや西武線などの駅、空港、バス、トヨタのディーラーなど全国6万か所で提供されている公衆無線LANサービスです。本来なら月額362円(税抜)するサービスなんですが、BIC SIM会員は無料で利用できます。

これもBIC SIMを選ぶうえでの決定打となりました。Wi2 300はスマホだけじゃなく、タブレット端末やノートパソコンでも使えますからね。

例えばぼくは毎年夏に石川県珠洲市という僻地に行ってるんですが、珠洲市でも道の駅とかに「Wi2 300」が設置されているので安心感があります。

サービス内容がシンプル

これはスペックうんぬんじゃなく、気持ちの問題。大手キャリアって煩わしいオプションサービスが山ほどあるじゃないですか。宣伝メールも多いです。

その点、BIC SIMは契約内容がシンプルだし、煩わしいオプションやら宣伝メールに悩まされることがありません。

ドコモとauで使っているスマホをそのまま利用できる

docomoとauでスマホを利用している人は、ご利用中の本体を格安SIMでも引き続き利用できます。softbankは機種によります。

BIC SIM(格安SIM)の悪いところ

BIC SIMあるいは格安SIMの悪いところも書いておきます。

キャリアメールが使えない

「***@docomo.ne.jp」みたいなキャリアメールアドレスが使えなくなります。当初はこれがぼくの最大の障壁で、ガラケーとスマホの2台持ちしていた理由でもあります。

しかし、LINEがメインになり、メールは使わなくなったし、メールもフリーメールのGmailを設定してそちらを使うようになりました。なかったらなかったで何も問題ありません。

速度が遅い

大手キャリアと比較すると通信速度は落ちます。明確に落ちます。しかしぼくは3年近く使っていますが何も問題ありません。

動画バンバン見たい人、ネットゲームやりたい人は不満が発生するかもしれませんが、普通のスマホユーザーなら速度に関してストレス感じないと思いますよ。

サポートが薄い

大手キャリアのように店舗がありません(非常に少ない)。スマホとかよく理解できていないシニア世代とかキツいかなと思います。

BIC SIMはコジマ(ビックカメラ)に専用カウンターがあるので、サポート面で他社SIMサービスより充実していると言えるでしょう。

キャリアの年齢認証機能が使えない

これで困る人って出会い系サイトを利用している人くらいじゃないですかね。そーいう人は死活問題ですよね。ドンマイ。

年齢認証ができないからLINEのID検索機能も使えなくなるんだけど、遠隔地でのID交換なんてメールでも可能ですからね。まったく問題ありません。

支払いはクレジットカードのみ

格安SIMの支払いは基本的にクレジットカードのみです。銀行振込や銀行口座引き落としをすることができません。

長電話をする人には向かない

LINEとかスカイプで長電話とかならタダだからOKなんですけど、普通の電話に長電話をする人には向きません。BIC SIMはもちろん、通話定額オプションが用意されているけど10分までです。

今、乗り換えるべき3つの理由

ぼくはね、大手キャリアを利用してるあなたに、今日中にでも格安SIMに乗り換えてもらおうと思ってるんです。その理由は3つありまして、まず第一に「夏休みだから」なんですよ。

これ上でも書きましたね。アホみたいな理由だけど、ぼくは結構マジで言っていてます。面倒ってのはまったくその通り。だからこそ夏休みの今、重い腰をあげて乗り換えちゃいましょうよ。

第二に、今Amazonが格安SIMの爆安セールを実施しているからです。そう、あとで一覧を載せますが、Amazonが目を疑うような値引きセールをしてるんですよ。

そんで第三に、BIC SIMが強烈なキャンペーンを実施しているからです。

格安SIMは無数にあって、それぞれ色んな特徴があるんですが、ぼくが利用していて、あなたにもオススメしたいのが「BIC SIM(ビックシム)」ってやつです。「死角なし」な感じのバランスの良いSIM。今キャンペーンを実施していて大変お得です。

要するにこういうことです。

夏休みで時間がある今、狙ったようにAmazonやBIC SIMが爆安キャンペーンを実施しているから、このビックウェーブに乗っちゃいましょう!って話。

予言するけど、このタイミングを逃したら少なくとも年末年始までは変更しないです。だって面倒くさいもん。ダルいっすよね。それはぼくだって理解できます。だからこそ条件が揃っている今、サクッと乗り換えちゃいましょう。

BIC SIMのキャンペーン

やっぱ夏休みって乗り換え需要が高いんでしょうね。BIC SIMがキャンペーンを実施しています。

  • 12か月間、データ通信量が2Gアップ

さらに

  • 12か月間、月額料金300円割引(これは通話+データSIMカード限定の特典)

このキャンペーンは8月31日までに契約した人が対象です。凄いですよね。ぼくが契約した時はこんな特典ありませんでした。

Amazonが格安SIMのセールを実施中

さらに、今Amazonが格安SIMを軒並み値下げしています。セールしているSIMでぼくが一言添えられる知識をもってるのを紹介します。

BIC SIM

格安SIMどれにするか迷ったらBIC SIMにしたらいいです。間違いありませんから。今は初期費用990円ですか。安いですね。数日前に確認したんですが、コジマ(ビックカメラ)東村山店での店頭価格は3,229円でしたよ。母の手続きをするためにぼくはAmazonで買いました。

公式サイト

https://www.iijmio.jp/bicsim/weborder/

申し込み時に友だち紹介コードを利用するとお友達紹介特典が受けられます。新規申込者はデータ容量が2カ月間10%アップ。紹介元は500円割引です。ぼくの紹介コードは「286 1237 3989 7334」です。よかったらどうぞ。

LINEモバイル

ぼくが今新規加入をするとしたらBIC SIMとLINEモバイルで迷います。格安SIMの後発組だけあって、求められているサービスは一通り盛り込まれていて評判は良いです。

LINEモバイルの最大の魅力は「カウントフリー」といってLINE、Facebook、Twitter、Instagramの利用で生じたデータ通信は使用容量にカウントしないってサービスです。

ぼくはTwitterでけっこう容量を喰っているので、これは助かります。上記SNSを利用している人は有力な乗り換え候補にするべき格安SIMだと思います。

公式サイト

https://mobile.line.me/

DMM mobile

とにかく安さを重視したい人はDMM mobileがオススメ。

たとえばBIC SIMは最安プランは3Gで月1,600円ですが(通話+データ通信の場合)、DMM mobileは1Gからのプランがあって、その値段は1,260円です。さらに言うと、低速(200Kbps)だけどデータ容量無制限のライトプランは月1,140円と格安。

「自宅WIFIがあって、ほとんど外でデータ通信しないし、速度はあんま気にしない」って人はDMM mobileを乗り換え候補度として検討してみてください。

公式サイト

http://mvno.dmm.com/

U-mobile

U-mobile(ユーモバイル)は20G以上の大容量ジャンルで断トツの安さを実現している格安SIMです。大手キャリアで20Gプランを契約してたら月8000円とかしますよね。U-mobileなら25Gで2880円です。

格安SIM各社の大容量プランと比較しても1000円くらい安いので、通信量をたくさん必要としている人はU-mobileの「MAX 25GB」プランで決まりです。

また、U-mobileはソフトバンク回線を使った格安SIMも提供しているのも特徴です。SIMロック解除ができないソフトバンクのスマホを使っていて、そのまま利用したい場合はU-mobileを検討してください。

公式サイト

https://umobile.jp/

楽天モバイル

楽天モバイルは姉の旦那さんが使っています。スマホ本体とSIMのセット販売が評判みたいです(もちろんSIMのみでも大丈夫)。楽天ポイントが貯まるのもメリットかな。優等生的な、とてもバランスの良いSIMです。

OCN モバイル ONE

「OCN モバイル ONE」はNTTコミュニケーションズが運営母体であり、格安SIM業界シェアNO.1です。それが最大の特徴であり最大のメリットだと思います。

とりたてて劣っているところはないんですが、ぶっちゃけ特別優秀なところもありません。サービス内容はありふれていて、月額料金は高め。「格安SIM業界シェアNO.1」というのと「今Amazonで爆安セールを実施している」という2点がなければここで取り上げなかったSIM(ボロカス言ってすいません)。

なぜ「格安SIM業界シェアNO.1」なのか?ですが、それは格安SIMが注目された初期段階にテレビCMなど宣伝に注力したからだと思ってます。

ただし、「NTT」だとか「シェアNO.1」というのは安心感につながるかもしれませんね。使っている人が多いということは、ネットにも体験記事が多く、困ったときに助かるってメリットはあります。

Amazon購入の注意点

これBIC SIMだけなのかもしれませんが、AmazonでBIC SIMのを買ったら、送られてきたのはエントリーコードが記載した書類のみでSIMは同封されていなかったんです。

つまり、エントリーコードを使ってネット申し込みが必要でした。ネット申し込みしたら自宅にSIMが送られてくるって流れだから二度手間です。

はやく乗り換えたい人は店舗でSIMを購入してください。安さ重視の人はAmazonで。

大手キャリアからBIC SIMに乗り換える手順(よくわかんない人向け)

乗り換える手順について、Googleで検索すればいろんなサイトが詳細な解説をしています。なので、ある程度わかる人は別サイトを参考にしてください。ここでは、格安SIMとかまったくチンプンカンプンな人に向けて現実的なアドバイスをします。

STEP1:契約キャリアの店舗に行く

docomoショップ、auショップ、Softbankショップなど、あなたが契約しているキャリアの店舗に行きましょう。

STEP2:ショップ店員から以下の情報を得る

  • 電話番号ポータビリティ予約番号

電話番号を変更せずに通信会社を変更するには「電話番号ポータビリティ予約番号」というものを発行してもらう必要があります。スタッフさんに「格安SIMに乗り換えるので、ポータビリティ番号をください」と言えばいいです。

  • 過去3か月のデータ使用量

格安SIMに乗り換えるにあたって、最適なプランを選択するために普段どのくらいデータ通信を使用しているのか把握する必要があります。利用明細にデータ使用量が記載されているはずなので「データ通信料を知りたいので、過去3か月の利用明細をください」と伝えればいいです。

  • ご使用スマホのSIMサイズ

SIMには複数のタイプ(サイズ)があるんですね。格安SIMを購入するときに適切なSIMサイズを選ぶ必要があるので、店員さんに教えてもらいましょう。「このスマホのSIMサイズを教えてください」と言ってスマホを渡せばいいです。

STEP3:ビックカメラ(コジマ)に行く

店員さんに「BIC SIMに申し込みたいです。適切なプランをアドバイスしてください」と言いましょう。店員さんから普段のデータ通信料やSIMサイズなどを質問されるはずなので、携帯ショップで得た情報を伝えてください。適切なプランを教えてくれて、その場で申し込み手続きに進めるはずです。

ちなみに、契約には「身分証明書(運転免許証やパスポートなど)」「契約者名義のクレジットカード」「メールアドレス」「電話番号ポータビリティ予約番号」の4点が必要ですので準備しておいてくださいね。

補足;

AmazonでSIMを買えば2千円くらい初期費用を抑えられるんですが、手順が増えるので店舗に行ってやってしまいましょう。

STEP4:SIMの挿入&初期設定

SIMの契約が完了したらスマホにSIMを挿入して初期設定(APN設定)をしましょう。

ちなみに、スマホによっては初期設定が不要な機種もあります。iPhoneは初期設定不要す。SIMを挿入して10分ほど待てば開通します。

補足;

全国のビックカメラ(コジマ)にはBIC SIM開通窓口があります。ここでは480円(+税)を支払うと、あなたのスマホにSIMを挿入して初期設定(APN設定)をするという作業を代行してくれます。

格安SIMについて、もうちょっと教える

格安SIMについてチンプンカンプンな人に初歩的な情報を教えときますね。

質問
格安SIMってなに?
回答
docomo、au、softbankで契約しているスマートフォンに小さなチップが刺されているんですが、これがSIMカードです。スマホでデータ通信をするために必要なカードなんですが、大手キャリア3社よりも格安で提供されているSIMカードを「格安SIM」と呼んでいます。
質問
格安SIMってなんで安いの?
回答
格安SIMはデータ通信の基地局を自前で持っておらず、大手キャリアから借り受けて利用しています。そのため固定費がかからないんです。

また、ドコモショップみたいな店舗をもっていなかったり、持っていても数少なかったりするので、その面でもコスト削減になります。

あと広告宣伝費も少ないです。大手キャリアのテレビCMは毎日見かけるじゃないですか。それは通信費に上乗せされているわけですからね。

要するに、通信品質とサービスを落としているから安いんです。

質問
今使っている電話番号はそのまま使えるの?
回答
はい、使えます。
質問
電話帳とかLINEの登録データ消えちゃうの?
回答
消えません。SIMを変えても今まで通り使えます。
質問
格安SIMのデメリットは?
回答
キャリアメールが使えない。通信速度が遅い。サポートが充実していない。LINEのID検索ができない。これくらいです。
質問
キャリアメールが使えないと困るんですけど・・
回答
母にやった対策は、Googleのフリーメールアドレス「Gmail」でメールアドレスを取得。これまでキャリアメールで連絡していた人に「メアド変わりましたメール」を送信しました。それで解決です。
質問
LINEのID検索ができないってどういうこと?
回答
LINEって個別にIDを振り分けられるんだけど、それを使って友達検索ができません。そんだけです。

それで困るシーンってほとんどないんですよ。対面だったら普通に友達追加できるし、遠隔地でもメールで友達追加できますからね。QRコード送ればいい。

ちなみに、LINEが提供している格安SIMサービス「LINEモバイル」ならID検索も普通にできますよ。LINEモバイルは安くてサービス良いと評判です。

質問
通信速度、遅いの?
回答
はい、遅いです。大手キャリアよりか遅いです。

ただし、ぼくは3年近く(2014年10月1日から)BIC SIMを利用していますが、通信速度に不満を持ったことはありませんけどね。

質問
電波は入りずらいの?
回答
電波の入りは大手キャリアとまったく同じです。通信速度はちょっと遅いんですが、電波に繋がるか否かは変わりません。
質問
使いづらいの?
回答
いや、なんも変わらないと思います。あなたが寝ている間にこっそり格安SIMにしたとして、たぶん気づかないと思いますよ。そーいうレベルです。
質問
今使っているスマホはそのまま使えるの?
回答
docomoとauで買ったんなら同じ本体をそのまま使えます。Softbankはシムロック解除の手続きが必要だったり、使えなかったりします。

格安SIMは大手キャリアの通信回線を借りて運営していてですね、docomoとauは回線を貸しているだけどSoftbankは貸していないんですよ。そーいう問題です。

質問
乗り換え手続きで何日かスマホ使えなくなるの?
回答
なりません。店舗でやれば速攻。実際には10分とか。「自分でやる場合は2時間はみてくれ」って公式アナウンスされてますが、ぼくは店舗と同じく10分ほどで使えました。
質問
タブレット端末でも使えるの?
回答
はい使えますよ。でもタブレットはWIFI限定モデルとかあるから注意してくださいね。WIFI限定モデルはSIMは使えません。SIMを指す穴がないですから。
質問
テザリングに使える?
回答
はい使えますよ。追加料金とかも必要ありません。
質問
ガラケーでも使えるの?
回答
なんか例外的に使える機種もあるって聞きました。でもSIMってデータ通信に使うから、ガラケーで使うって変な話ですよね。
質問
乗り換えじゃなく、新規でもいいの?
回答
もちろんもちろん。新規でもOKですよ。
質問
格安SIMに乗り換えたら大手キャリアの解約手続きをする必要があるの?
回答
docomoしかわからないんですが、解約手続きは不要でした。格安SIMに乗り換えたら自動的にdocomoは解約されます。翌月に諸々の解約料金など引き落とされます。
質問
格安SIMの解約手続きはどんな感じ?
回答
BIC SIMしかわかんないですが、ネットの会員ページから解約できます。超簡単です。数クリックで解約完了です。
質問
格安SIMの解約料は?
回答
BIC SIMは契約から12か月間は解約料金が発生します。その料金は、契約から1か月経過した時点での解約で12000円、2か月で11000円、3か月で10000円、、、と一カ月ごとに1000円ずつ減額されて12か月以上継続していたら解約料ゼロになります。

他の格安SIMはわかりません。申し込む前に確認してください。

質問
格安SIM、興味あるんだけど難しそうで。。わたしにもできますか?
回答
まず開通させちゃえば使用感とかは大手キャリアと変わらないです。むしろ営業メールや変なアプリがないぶん簡単だと思います。

問題は開通作業ですよね。格安SIMに乗り換える手続きが若干ムズい。そこら辺に苦手意識を持っているなら、BIC SIMかイオンモバイルみたいに店頭カウンターがあるSIMを選ぶべきだと思います。店員さんが丁寧に教えてくれるはずです。

Amazonで格安で買って自分で開通作業をするのは、、、そうですね、「Wifi」や「テザリング」の意味が分かっていて普通に使えるような人は問題なくできると思います。まぁサポート電話もありますし、大抵の人はできると思うんですけどね。

質問
月の途中で加入した場合は料金どうなるの?
回答
他の格安SIMは知りませんが、BIC SIMは日割り計算されて請求されます。データ容量も日割り計算された分だけ付与されます。
質問
大手キャリアを途中解約した場合は、1か月分の通信料とられるの?
回答
docomoはデータ通信パックだとかカケホーダイなどは日割り計算で請求。オプション費用は1か月分まるまる請求ってことだったはずです。

ただし、これは曖昧な記憶なんで、携帯会社に直接聞いてください。

質問
なんかBIC SIMの営業マンみたいだね
回答
そう、素晴らしい商品はお客をセールスマンにするんですよ。

BIC SIMに関する口コミ評判

TwitterでBIC SIMに関するクチコミツイートを集めてみました。

以上、TwitterでみつけたBIC SIMのクチコミでしたー。

まとめ

ぼく自身3年近くBIC SIMを利用しているんですが、このたび母のスマホもBIC SIMに変更いたしました。月額7,580円から1,300円に大幅ダウンしたんで大満足みたいです。

スマホ代は毎月かかってくる費用ですからね。どんどん積み上がっていって1年もすれば大金になります(ぼくの母は年間7万円以上安くなりそう)。

あなたも格安SIMへの乗り換えをご検討ください。AmazonやBIC SIMが爆安キャンペーンを実施している今、格安SIMに乗り換えるグッドタイミングです。

ではではー!

BIC SIM

Amazonは安いんですけど、開通までに数日かかっちゃいます。はやく乗り換えたい人は家電量販店のコジマやビックカメラに行ってください。

BIC SIM公式サイト

https://www.iijmio.jp/bicsim/weborder/

申し込み時に友だち紹介コードを利用すると、追加でお友達紹介特典が受けられます。新規申込者はデータ容量が2カ月間10%アップ。紹介元は500円割引です。ぼくの紹介コードは「286 1237 3989 7334」です。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。