あきる野市の「秋川とうもろこしまつり2017」をレポート

秋川とうもろこしまつり

今回は2017年度のレポート。2015年の記事はこちら↓です。

トウモロコシが売ってない!(涙)あきる野市の「とうもろこしまつり」に行ってきた件

2015.07.13

秋川とうもろこしまつり2017

まず「秋川とうもろこしまつり」ってなに??って話ですが、東京都あきる野市にある「秋川ファーマーズセンター」で毎年7月上旬に開催されるとうもろこしを中心とした食のイベントです。2017年度は7月8、9日に開催されています。ぼくは3年連続の参加。

あきる野市 とうもろこし祭り

あのね、正直言って地味なイベントなんです。秋川ファーマーズセンターまで、東村山市からだと車で1時間弱の距離だし、しかも今年は土日の予定がびっちり詰まっていて、行けるタイミングが土曜日の朝9時から1時間ほどしかなかったんです。それでも強行参加しました。なぜかというと、焼きトウモロコシ激ウマだからです。はい、それだけです。

あきる野市 とうもろこし祭り

今年は過去三年で最も混んでいた印象です。秋川とうもろこしまつりの開催時間は9時から17時までなんですね。ぼくは9時ジャストくらいに着いたんだけど、駐車場満杯でした。

あきる野市 体育館

駐車場が満杯だったので秋川ファーマーズセンターから徒歩200メートルくらいの場所にある「あきる野市秋川体育館・中央公民館」の駐車場に停めました。

あきる野在住の友人と一緒に行ったんですが、彼曰く「ここ駐車しても全然OKだから!リフォームの時に1週間ここに停めてたし、皆そんな感じ」だそうです。路駐していた人もいましたが、皆さんあきる野市秋川体育館の駐車場に停めましょう。

秋川ファーマーズセンター

そんで、秋川ファーマーズセンターですよ。激混みっすね。

とうもろこし

その日の朝に収穫したトウモロコシが山のように陳列されていました。写真撮り忘れたけど、夏野菜もたくさん売っていました。

とうもろこし

色んな品種のとうもろこしが売られていました。値段ですが、5本入りで800円です。やっぱスーパーで売られているものより大ぶり。立派なトウモロコシが多いです。

とうもろこし

スーパーで1本100円で売られているような小ぶりのトウモロコシは少し安く売られていました。上の写真はBグレード品。たぶん上の部分を虫食いにあったんだと思います。上の部分は虫に食われやすいんです。(はい、ぼくも家庭菜園でとうもろこし作ってます)

秋川とうもろこし祭り

ちょっと難儀なのは、レジが大行列なこと。とうもろこしを買うのに10分は並ばなきゃいけないかも。(でもね、あとで裏技紹介します)

激ウマの焼きトウモロコシ

野外では焼きトウモロコシが売られています。1本250円です。

焼き場の後ろでとうもろこし農家のお父さんたちがせっせととうもろこしの下ごしらえをしていました。1日に700本売れるそうです。今日も朝3時から収穫してたんだとか。

これが激ウマなんですよね。何なんでしょうね。砂糖漬けしてるんじゃないか?ってくらいに甘いです。しょう油の塩加減と焦げた風味が絶妙なアクセントになっています。焼きトウモロコシって家庭で作りずらいじゃないですか。毎年の楽しみです。

その場で2本食べて、お土産に4本買って帰りました。

冷めてもウマい!!!

レジの行列を回避する裏技

「秋川ファーマーズセンターはレジが大行列だ」と書きましたが、行列を避ける裏技があります。それは秋川ファーマーズセンターの周辺にある農家直営売り場で買うって方法です。

秋川 とうもろこし

秋川ファーマーズセンターができる前までは、周辺の道路は「とうもろこし街道」なんて呼ばれるくらいに農家直営の店がずらっと並んでいたそうなんです。で、今はめっきり減ってしまいましたが何件か営業しています。

農家直営でもその日に収穫したとうもろこしを買えます。しかも、値段が若干安いところもあります。写真のところは、5本で750円で売っていましたよ。栽培している場所もほぼ同じなんですから、秋川ファーマーズセンターと品質は同じだと思います。安いし、行列に並ばなくですみますね。

まとめ

今年も異常なし!激ウマの焼きトウモロコシを食べられて大満足でした。とうもろこし好きな人は是非どうぞ。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。