一目惚れ購入したランニングシューズ、OnのCloudが想像以上によく出来ているので絶賛レビューをする

「ランニングシューズ界のアップル」と評され、長距離ランナーから大注目されている話題のシューズ、OnのCloudを買いました。評判以上に凄いですコレ。本格ランニングから普段履きまでイケちゃいます。

60代のカッコいいトライアスリートが履いたスニーカーに一目ぼれ

ということで、OnのCloudですよ。

先日トライアスロン珠洲に参加したんですけど、60代っぽい日焼けしたカッコいいオジサマがOnのCloudを履いていたんです。一目ぼれでした。オジサマにじゃないっすよ?OnのCloudに一目ぼれね(笑)。

on クラウド

見たこともないメーカーだったのでオジサマに声をかけて教えてもらいました。怪しい奴ですよね(笑)。「On(オン)」というスイスのランニングシューズメーカーが発売している「Cloud(クラウド)」という商品だとわかり、速攻でネット通販しました。

デザイン先行で買ったわけですが、「雲に浮いているような感覚」とか評されるくらいに履き心地が良いシューズなんです。実際にかなり良かったので沢山の写真を掲載しながらレビューします。

On(オン)について

・Onはトライアスロンで最も過酷なアイアンマンレース(スイム3.8km・バイク180km・ラン42.195km、合計約226km)で6度の優勝をした元プロトライアスリートのオリヴィエ・ベルンハルド氏と仲間2名で2005年に創業した新しいシューズメーカー

・チューリッヒ工科大学のエンジニアと共に開発

・マラソン競技者やトライアスロン競技者を中心に注目されている

・シンプルの極みなミニマルデザインには全て意味があり、デザインに機能を伴っている

・「シューズ界のアップル」「シューズ界のダイソン」と評されることもある

・トップアスリートがOnのシューズを履いて次々と自己ベストを更新している

・2015年、国際的に権威のあるISPOベストパフォーマンスランニングシューズ部門で、クラウドは金賞を受賞

OnのCloudを36枚の写真で紹介

On Cloud Men's 箱

「ランニングシューズ界のアップル」と言われるのも何かわかる。とにかくデザイン性が高い。細部までこだわっています。

OnのCloud 包装紙

包装紙ってコストカットで有名メーカーも無地のやつじゃないですか。Onはオリジナルです。

On Cloud Men's 型崩れ防止

型崩れ防止のシューズキーパーもOnオリジナルです。ホントにデザインに重きを置いていますよね。

Onクラウド 横の写真

ソールが斬新です。以下文章はOnホームページより転載。

ゼロ・グラヴィティ・フォームによる CloudTecR システムを採用したクラウドは、極めて高いクッション性を備えた、世界で最も軽量なランニングシューズです。信じられないほど軽量なシューズから生み出されるソフトな着地と、爆発的な蹴り出し。これまでは考えられなかったランニング体験をお楽しみください。

実際にクッション性はかなり高いです。とりあえずアディダスのブーストシリーズよりもクッション性は強いと思います。

Onクラウド サイドのバンド

かかと部に通っているゴム紐。デザイン的にもGOODですが、機能面で意味があるそうです。

Onクラウド かかと部分のデザイン

かかと部分のデザインが良いですよね。左右並べると「on」となります。

Onクラウド 左右非対称デザイン

かかと横部分のデザインも左右非対称。

Onクラウド スイス

スイスの国旗とSWISS ENGINEERING(スイス工学)。

Onクラウド 中敷き

上から見てもカワイイ!

[オン] On Cloud 正面写真

正面からの写真。

On Cloud ゴム紐

ゴム紐はOnクラウドの特徴的な部分です。

On Cloud 紐

普通の紐も付属しています。紐の先端部分を見てくださいよ。こーいう部分からもセンス感じます。

On Cloud オーナーID

オーナーIDが付いています。特設サイトにて会員登録できてOn愛用者で繋がることも可能。

Onクラウド メッセージ

紐を取ると「親愛なるランナーへ」とメッセージがありました。「アスリートによるアスリートのためのコミュニティがあるから是非参加してください」といった内容です。

On Cloud ベロタブ

ベロ部分のデザインもカワイイんです。

On Cloud 前から写真

前から見てもカワイイ。

ランニングシューズ On Cloud 側面写真

横から見てもカワイイ。

Onクラウド 紐穴

わかりますかね。紐を通す穴枠も単なる丸じゃない。onのロゴになっています。いいなぁ。

リフレクター onクラウド

ロゴ部分は光を反射します。

オン クラウド ソール

ソール部分は斬新なデザインになっていますよね。インパクトあります。以下ONホームページより引用です。

クラウドは、世界最軽量のクッショニング・ランニングシューズです。最大のクッション性を発揮するミニマルシューズを求めるランナーのためにデザインされています。ゼロ・グラヴィティ・フォームと呼ばれる超軽量素材でできたクラウドは200gを切る軽量性で、完璧なパフォーマンスを発揮します。

実際、反発力はかなり感じます。

オン クラウド ソールのクッション

以下はソールについての説明です。

クラウドのCloudTecRは、超軽量、フレキシブル、そして反発性に優れたゼロ・グラヴィティ EVAフォームから作られています。加えて、ソールに刻まれた深い溝は、ランナーの自然な動きを助け、究極のフレキシビリティを発揮します。

ソールのデザインもカワイイ。

オン クラウド かかと部分の裏

クラウドだから雲が描かれています。

オン クラウド つま先

つま先部分にはOnのロゴ。

ソールの曲がり具合

ソールの角度。

オン クラウド 中敷き

中敷きです。

中敷き onクラウド

中敷きもonオリジナルプロダクト。

オン クラウド 中身の縫製

中の縫製具合です。

オン クラウド スイスデザイン

ベロタブの裏側。

Onクラウド ベロ

ベロは切込みが浅いんです。だから紐なしでも履けちゃうレベルのホールド感があるんです。

Onクラウド 計量

計量してみたら2足で413グラムでした。確かに軽い。

Onクラウド 履いてみた写真

履いてみました!ゴム紐バージョンです。

Onクラウド 紐を通してみた

続いて、紐を通して履いてみました。どっちもイケてます(^_^)

オン クラウド 普通の紐

悩んじゃうな。普通の紐にすべきか・・。

オン クラウド ゴム紐

ゴム紐にするべきか・・。

オン クラウド ゴム紐バージョン履いてみた

こっちかな?

オン クラウド 履いてみた

やっぱこっち?うーん、困ったことにどちらもカワイイ。

動画もアップしました

YouTubeに動画もアップしてみました。

Onクラウドの履き心地は?

他のスニーカーとonクラウド

まずサイズなんですけど、僕は基本26.5cmでシューズによっては0.5cm前後するって感じです。で、Onクラウドは僕の基本サイズ26.5cmで丁度よかったです。

onクラウド 履き心地

早速2キロほどランニングしてきました。困ったことに履き心地もメチャクチャ良いんです。フィット感が抜群です。それでいて嫌な締め付け感はありません。走り出した時から何の違和感もない。

onクラウド 走り心地

「雲に浮いているようだ」と評する人もいますが、流石にそれは無い(笑)。でも反発力は強いです。でも違和感はない。バカみたいな反発力を想像していたんだけど、良い意味で普通。

とりあえず第一印象ですが、すごく良い。初めから履きならしたランニングシューズのようです。そう、ぼくの足にピッタリ合わせて作られたみたいなシューズ。

On Cloudのカラーバリエーションを紹介

On Cloudはメンズ、ウェメンズそれぞれ多くのカラーバリエーションあります。ざっと写真を貼り付けておきますんで、気になるカラーがあれば下のAmazonリンクから詳細を確認してみてください。

On Cloudのメンズ7色

81FQeYDsodL._UL1500_

オレンジ/ファイア

81UuM6H+lzL._UL1500_

ダイバー/ライム

81qdkshcMKL._UL1500_

パシフィック/サンセット

81++Ns6YIML._UL1500_

ブラック/スレート

8186SoH8CXL._UL1500_

ブラック/ホワイト

810+HVvAoKL._UL1500_

レッド/フラッシュ

81bK2iRiBfL._UL1500_

ネイビー/ホワイト

onクラウド

ブルース/イエロー

ウェメンズの6色

オン・クラウド 白

アイス/ホワイト

on cloud

グレー/ネオンピンク

on cloud

フォレスト/ラズベリー

on cloud

マリーナ/ジェイド

オン・クラウド ブラック

マリーナ/ジェイド

オン・クラウド

ホライゾン/コーラル

On Cloudを買うなら。

On Cloudで残念なのは販売している店が少ないってこと。

on ハルクスポーツ 新宿

僕が見かけたことがあるのは、新宿駅西口にある新宿小田急ハルクの2階にあるハルクスポーツと、新宿東口の「ビックロ」の8階にあるアートスポーツ。この2店にはonのシューズが売られていました。新宿に行ける人はぜひチェックしてみてください。

僕はAmazonで買ったんですけど、ネット通販が現実的かもしれませんね。幸いにもonクラウドのサイズは普通で、普段通りのサイズで僕はピッタリでした。Amazonのサイズ感レビューでも、みなさんいつものサイズで大丈夫みたいです。

リンクを貼っておきます。こちらメンズです。

下がウェメンズです。

楽天市場やヤフーショッピングは店舗ごと条件は違うと思いますが、とりあえずAmazonは靴の返品が無料です。靴のネット通販はサイズ選びが心配なので嬉しいですね。

まとめ

デザイン先行で購入したOnクラウドですが、調べれば調べるほどガチなランニングシューズでした。ロンドンオリンピック金メダリスト、ニコラ・スピリグ選手がこの靴を履いて自己ベストを出してたりします。実際にクッション性は僕がこれまで履いてきたどのランニングシューズよりも高いです。

ただ、やっぱりデザインかな。僕は圧倒的にデザインが気に入りました。機能性が高いのに、走るのが勿体ないくらいにデザイン性が高いのが魅力です。普段履きしたいと思います。

あと、まだ履いている人が少ないのも魅力ですね。トライアスロン珠洲で初めてOnのシューズを見かけましたが、それだけ。今なら他人とカブる可能性は低いのが嬉しいです。

以上、失礼しましたー!

追記:ゴム紐が切れた!onクラウドの耐久性を検証

先日、ジャパンショートトライアスロン赤穂に参加したんですけど、onクラウドを履いて走りました。で、まぁ無事に完走して温泉に行ったときに気づきました。ゴム紐が切れてたんです!

onクラウド ゴム紐

下の結び目がブチ切れた感じっすね。左足は完全に千切れてて、右足はギリギリ繋がっているけど切れるのは時間の問題。

オン クラウド ゴム紐 耐久性

onクラウドを買ってから1年経っていません。まだ11カ月。どれだけの距離を走ったか記録しておけばよかったんですが、そんな走っていないと思います。ランニング練習は熱心な方でもないし、そもそもラン練習で毎回onクラウドを履いているわけでもないですから。

onクラウド

実際、靴自体は型崩れなどはしておらず、今もくたびれた感じはありません。

onクラウド 耐久性

ソールの劣化はこんな感じ。

onクラウド

僕の感覚では「まだまだイケる」。つまり、「ゴム紐だけが際立って耐久性がない」というのが僕の評価です。こんなんじゃ困る。onクラウドは大満足なのでゴム紐の耐久性については何らかの対策を講じてほしい。初めからゴム紐を2本用意してくれないかな。原価は1つ10円もしないと思う。

ゴム紐 onクラウド

ただ、ゴム紐が切れたらもう履けなくなるって訳じゃありません。劣化しているのは下の結び目だけなんです。だから少し短く詰めればいいんですよ。(ゴムじゃない普通の紐も付属していますし)

onクラウド 購入レビュー

写真わかりますかね。手前の結び目が今回切れたから短く詰めて結び直したやつ。奥の結び目は上なので今も元気です。これでOK。

ゴム紐

ちなみに、手芸屋さんでゴム紐を買って新しくしちゃってもいいっすね。実はゴム紐を買った後に「あ、短く詰めればいいんじゃん!」って気づきました(笑)。ゴム紐を買うなら3mmのやつがサイズ的には合ってると思います。

onクラウド 新しいゴム紐

更に更に!!なんとonが新しいゴムを送ってくれました。

実はonのホームページにある問い合わせフォームを使って「onクラウドはすごく気に入っているんだけどゴム紐の劣化が激しいみたい。なんか対策考えてください」みたいなことを伝えたんですよ。そしたら、「ゴム紐(ならびに通常の靴紐)の交換や販売は現在行っておりませんが、今回早期の劣化をいう点を踏まえまして、新しいゴム紐をお送りさせていただきたいと存じます。」と返事がきて新しいゴム紐を送っていただきました。

onは顧客対応を重視してそうなイメージでしたが、やっぱり素晴らしい対応ですね。こういう対応をしてもらうとまたonのランニングシューズを買おうって思います。

【追・追記】またクラウド購入しました!

2016年9月末に「ブラック/スレート」を買いました(ちなみに上で紹介した時点よりカラーバリエーションが増えています)。

ON Cloud ブラック/スレート

「ネイビー/ホワイト」もまだイケそうだけど微妙にヘタって来たのでクラウドを再購入です。「ブラック/スレート」もかっこいい!!ネイビーは雨の日用にします。

onクラウド

同じシューズを再購入したのは人生初です。うん、記憶にない。それだけ気に入っているってことです。デザインが気に入っているし、僕のために作られたんじゃないかってほど履き心地がいいのが好きです。

ああ!!そういや、この前、知らないお兄さんに「このシューズ良いっすね!なんてメーカーですか?」って声をかけられました。なんか以前の僕みたいですね(笑)。あのお兄さん、クラウド買ったのかなー?

考えてみたら1年前のトライアスロン珠洲のオジサマ以降、Onクラウドを履いている人を見かけたことないです。クラウドどころかonのシューズを履いている人すら見たことない。それが微妙に嬉しかったりもするんだけど、寂しくもあります。

なにかの縁でこの記事を読んでくれているあなたにも是非クラウドを体験してほしいです。きっと気に入りますよ。

はい、ではではまたですねー!

Amazonでonクラウドを探す
楽天市場でonクラウドを探す

SPONSORED LINK

4 件のコメント

  • ありがとう!!参考になりました。昨年の9月にあるマラソン大会で「オン」を売っているお兄さんがいたんです。でも、買いそびれてしまって・・・。探していました!!買います!!ありがとー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タカタロウ

    「正直で自由なブログにしたい」と思っている東京都東村山市在住の明るいバカ。誤字脱字が多いです。気付いたらコメント欄から知らせていただけると助かります(^_^)