マジか!!東村山NO.1人気の焼き鳥屋、秋津の「野島」のレバーはデカ過ぎて持て余すレベル

秋津の焼き鳥屋さん「野島(のじま)」でテイクアウトしてきたんですけど、焼き鳥を見せた瞬間、我が家が湧きました。「すげーー!!!」「何だよコレ!www」「まるで山賊になった気分!」ってな具合です。掴みはOK。とにかく初見のインパクトは絶大です。

秋津駅から新秋津駅の間にある焼き鳥屋「野島」

秋津駅 焼き鳥 野島

みんなも知っているでしょ?秋津駅から新秋津駅の間の道にある、やたら混んでいる焼き鳥屋さん。サラリーマンでいつも繁盛している店。知ってますよね?それが「野島(のじま)」です。

秋津駅 焼き鳥 野島

平日の16時半頃に行ったんですけど、店内満席状態でした。もう少し遅くなると店の外までお客が溢れたりする人気店です。

秋津 野島 焼き鳥 メニュー

お店の入り口横にはテイクアウト用の受付みたいなのがあります。メニューを見ながら注文。僕は22本注文しました。1本100円なので合計2200円です。

秋津 野島 藤本正人

入口の上には所沢市市長の藤本正人さんの「選挙ポスター風ポスター」が飾ってありました。これ何なんですかね。「やきとり野島」は東村山市にある店だしな。今度行ったら店員さんに聞いてみます。

野島 秋津駅

待ち時間15分ほどで焼き鳥を受け取れました。

これが「野島」の焼き鳥だ!

野島 焼き鳥 お持ち帰り

合計22本買ってきました。ドスンと重いです。

野島 テイクアウト焼き鳥

買ったのは8種類。ねぎま、つくね、地どり、たん、はつ、かしら、なんこつ、レバーです。

野島の焼き鳥

今回、残念だったのはコゲが強めだったこと。多少のコゲつきは全然OKなんだけど、これはコゲ過ぎ。

秋津駅の野島 焼き鳥屋さん

焼き鳥は品目によって超お得感があるモノと、しょぼめなモノとがある。なんこつ、つくねは正直言って満足度は低いです。

野島 レバー

レバーはかなりデカい。もう笑うレベル。これ写真で伝わらないなぁー。

秋津 野島 レバー 重さ

レバーの重量を計ってみたら100グラムでした。普通の焼き鳥屋さんの場合は30グラム前後です。つまり3倍超のサイズです。それで100円。これは凄い。

野島 豚レバー

こんなデカいのが3つ付いて100円ですよ。安い。レバーはたぶん鶏じゃなくて豚レバーだと思うんですよね。コスパ最強だから全然OKなんだけど、味の絶対値で言えば凪山丸のトロトロの鶏レバーのほうが僕は好きです。

野島 たん

「たん」も豚たんだと思います。これもデカくてコスパやばい。レバーとたんは赤字商品だと思う。

野島 ねぎま コゲ過ぎ

一番スタンダードな「地どり」や「ねぎま」も結構デカいです。にしてもコゲ過ぎなのが残念。

焼き鳥 塩

全部「塩」で注文したんですけど、全体的に味が薄い印象でした。マイ塩をかけて食べました。こーいう部分でも凪山丸の辛みそを思い出してしまうんですよね。

ちょっと余談。僕が思案する理想の焼き鳥

焼き鳥は具が大きい方が旨いんです。具が大きいとジューシーなんです。具が小さいとパサパサしやすいんです。そういう意味では凪山丸は理に適っているわけですよ。デカ焼き鳥で、実際に旨い。

でもデカ焼き鳥には明確な弱点があって、それは量が大きくて単価が高くなるってことです。凪山丸は僕は大好きですが、1本あたりの量が大きいので僕の両親とかは4本でお腹いっぱいになってしまいます。1本が大きいと色んな種類を食べれないんです。サイズを考慮したら破格なんだけど「1本150円」と見たら『ちょっと高いなぁ』と思われてしまいます。1本100円以下の焼き鳥屋さんも珍しくないですからね。

だから僕はこう思うんです。具は大きく、少しの量で販売する。これがベストなんじゃないですかね。

野島 レバー 秋津駅

わかりやすい例を出せばコレですよ。「野島」はこんなデカいレバーの塊が3つ付いて100円だけど、1つで十分。1つで70円なら僕は喜ぶ。

野島

肉の塊が3つのところを2つに減らしたらこんな感じ。コレでいい。デカい塊にするけど、1本あたりの重量は40グラム以下にする。そして価格を抑える。これが僕が思う理想の焼き鳥屋さんかな(たぶん既にどこかにあると思うけどね)。

野島 まとめ

・野島は秋津駅近くにある人気店

・食べログの東村山市の焼き鳥屋ランキングで1位

・レバーは笑うほど大きい

・1本100円(税込)

・今回のはコゲ過ぎ(笑)

・コスパは最強レベル

やきとり野島 基本情報

住所:東京都東村山市秋津町5-8-1
電話番号:042-397-3455
営業時間:[月~金]15:00~22:00(LO) [土]15:00~21:00(LO)
定休日:日曜日

SPONSORED LINK

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます!完全に天然で間違っていました。コメントをもらっても一瞬意味がわからなかったくらいですから。助かりました。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タカタロウ

    「正直で自由なブログにしたい」と思っている東京都東村山市在住の明るいバカ。誤字脱字が多いです。気付いたらコメント欄から知らせていただけると助かります(^_^)