悪いことは言わん。東村山市で屋根工事・リフォーム工事するなら相見積もりしとけ!

うちの実家に屋根工事の営業がやって来た

先日ね、東村山市にある僕の実家に屋根修理の飛び込み営業が来たんですよ。「屋根が相当劣化しているようだから調べさせてくれ」って。あーだこーだと言われて見積金額224万円。

マジかい!!

親は工事をやる気満々。そんな話を聞いて、どーも怪しいと思った僕は他の業者にチェックしてもらいました。そしたら「いやぁー、そもそも屋根はそんな劣化してないっすよ?張り替え工事?ないないない(笑)」ですって。

えーーーぇ!!!

「もう屋根はヒビが入っているし劣化してフカフカ状態。今すぐ工事しなきゃダメ!」って言われたのに???

「え?ぜんぜんフカフカじゃないですよ?そんなこと言われたんですか?(笑)」だって。

うわーー!

念のために更に追加でもう一社に見てもらったんだけど、やっぱり「張り替え工事なんて必要ない」って意見。

わーお。

怖くないっすか?たぶん詐欺です。社員200名以上いてJリーグのスポンサーになっているようなそこそこ大きな会社です。そんな会社が詐欺かと疑っちゃうような行為をしてんだもん(詐欺とは断定できないけどね)。

ビックリ。

室内リフォームの相見積もりしたら

実は似たようなことが去年ありました。やはり実家なんだけど、室内リフォームの見積もりをお願いしたんですよ。壁紙の張り替えと階段に手すりを付けてもらうってリフォーム。

1社目は過去に大規模リフォームをしてお世話になったことがある業者さん。リフォーム工事の後も毎年のようにお中元をくれるので親は真っ先にこの会社に依頼しようと考えたみたいです。で、見積金額は460,944円でした。

東村山 リフォーム

この段階で僕はリフォームの話を知りました。親は工事する気満々なんだけど「なかなかの値段だから相見積もりさせてよ」ってことで、Googleで「東村山市 リフォーム」とか検索して表示された業者さんに見積もりをお願いしたんです。

東村山 リフォーム

相見積もり1社目、279,871円。いきなりガクンと値段が下がりました。

東村山 リフォーム

相見積もり2社目。350,000円。やはり安い。

東村山 リフォーム

相見積もり3社目。270,000円。おお!!

当然どの会社にも同じ内容の要望を伝えています。相見積もをしているってことも言っていません。それで46万円から27万円という価格差。正直、想定以上でした。

気まずい?そんなの関係ねぇ。相見積もりをしよう

もちろん安ければいいって話でもないんだけど、複数の業者さんの話を聞けば自然と知識もつくし、冷静に判断することができます。やっぱセカンドオピニオンは大事。

僕の親は「今まで良くしてもらっているし」とか「断るのが気まずい」とか言ってたんだけど、そーいうの営業テクニックですから。お中元に素麺あげるだけで相場の4割増しで受注できたらヒャッフォー!ですわ。で、営業マンさん個人に感情移入していたりするんだけど、そんなの経費だから。仕事だから。

1番最初の屋根工事の業者も、わざわざ高所作業車を使ったんですよ。「ハシゴじゃ無理だから」と言っていたそうなんだけど、他の2社は普通にハシゴで屋根に登ってましたよ。高所作業車も演出かもしれませんね。実際、親は「わざわざ高所作業車を手配してくれた」と言ってたから効果あるんだと思います。

まとめ

もうアホのように同じ言葉を繰り返すだけです。「絶対に相見積もりをしてください」。屋根工事、リフォーム工事は必ず相見積もりをしましょう。いや、工事だけじゃないっすね。高額な買い物は比較検討すべきですよ。

あとね、意外だったのは見積もりや検査をしてもらった後に営業電話がかかってこないこと。「その後どうっすか?」という営業電話で面倒くさいことになるのかなって予想していたんだけど全然ない。まぁだから相見積もりした方が良いっすよ。

以上、現場からでした!

【追記】イーグル建創、こわかった

なかなかの出来事だったので追記します。

上で書いた224万円の見積もりを出してきた会社あるじゃないですか。それイーグル建創って会社です。現在J2のFC町田ゼルビアってサッカーチームがあるんだけど社長さんが町田ゼルビアの創設者だったのかな?ちょっと定かじゃないけど今もFC町田ゼルビアの社長はイーグル建創の下川浩之社長が務めています。従業員数は2014年11月時点のデータによると268名の結構な規模の会社です。

なんで社名を書こうと思ったかというと、さっきイーグル建創の営業マンが来たんだけどその対応が酷かったから。こりゃブログで書いておいた方が世のためになるなぁと思いました。

イーグル建創 口コミ評判

さっきね、イーグル建創の営業マンが実家に「どうですか?」って来たんですよ。イーグル建創も含めてどの会社も「その後どうですか営業」が全然なかったので油断していたから突然家に訪問されて驚きました。まぁそれはいいんだけど、

「追加で2社に見てもらったんですが、2社ともとりあえず緊急性はないと言っているし、屋根がフカフカって言われたって伝えたらそれはないっすよ!って言われたんですよね」と僕が話したら営業マンの顔が豹変。

笑顔から真顔になって「あーそうですか。じゃあ、ないですね。うちも信用無ければやってられないんで。じゃあ」。そういってそのまま帰っちゃいました。

僕としたら「えぇぇぇぇーー!」です。あんなに愛想がよかったのに、「コイツ契約できないな」って判断したら態度豹変して「じゃあ」で帰るのかよ。フカフカだって言ってたことの説明もせずに、「じゃあ」で帰るのかよ。いやぁ、怖ぇーな。この豹変ぶりはなかなか伝わらないと思うんだけど、久々に鳥肌が立ちましたよ。

イーグル建創ね、末端のいち社員の粗相かもしんないし、僕の出来事をもってイーグル建創の評判を判断すべきじゃないとは思うんだけど、「気をつけなはれや!」と僕は言いたい。

そう、再びアホ面して言いますが、屋根工事、リフォーム工事は相見積もりを必ずしてください。

あー、具体的な事例は効くと思うんで、ご両親とかにこの記事を見せてあげてくださいな。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タカタロウ

「正直で自由なブログにしたい」と思っている東京都東村山市在住の明るいバカ。誤字脱字が多いです。気付いたらコメント欄から知らせていただけると助かります(^_^)