2年間続いた首の痺れ・寝違えが60秒で劇的回復した方法

概要(ざっくりこんな記事です)

2年近く苦しんだ首の痺れが簡単なストレッチで劇的回復しました。マジです。驚くべき効果があったので、その具体的な内容をブログでシェアします。首の痛み、寝違いで苦しんでいる人は騙されたと思ってやってみてください。

首の痺れ、寝違いの痛みを劇的回復させるストレッチ

あーだこーだとウンチク語るより、まず具体的な方法を書いておきますね。

【その1】首が痛む側の腕を少しずつ後ろに引き上げ、自然に止まったところで20秒キープ。これを2セット。
首の痛みを取るストレッチ

上のイラストでは第三者に腕を持ってもらっていますが、自分一人でもやれます。痛む側の腕を後ろに引き上げて20秒キープするだけ。僕はコレだけで痛みの8割は回復しました。
 

【その2】痛い側の手のひらを後ろのベルトの真ん中を軽く押さえたら、そのまま肘を後ろに引いて20秒キープ。これを2セット。
寝違いを直す方法
 

【その3】痛む側の手を肘の角度120度でバンザイする。バンザイしたら腕を軽く後ろに引いて20秒キープ。これを2セット。
寝違い 治療法

日常生活にも支障をきたすほどの首の痛みだったんです。それが1つ目のストレッチをしたら痛みが8割引きました。2つ目、3つ目のストレッチをすることで9割がたの痛みが消えました。

ネタバレ(首の痛みや痺れが発生する原因とは?)

このストレッチのネタ元は『ゴッドハンド輝』という医療漫画です。

寝違え・首の痛みや痺れの原因は、睡眠中に脇の下の神経を圧迫してしまっているのが原因なのです。

寝違えの原因

脇の下の神経が圧迫されて血行不良が起こっているため、痺れたり痛みが発生したりしていたわけです。したがって、脇の下の神経を解放してあげて血流を良くしてあげることで寝違えや首の痛みや痺れが改善されます。

僕は2年近く苦しんだ首の痺れが9割がた治ってしまいました。「劇的」という言葉を人生で初めて体験したかも。相当驚きました。不思議体験アンビリーバボーです。これを怪しい教祖様にやられていたら入信していた可能性大ですわw

まとめ

首の痺れの原因は、睡眠中に脇の下の神経を圧迫してしまっていることかもしれません。とりあえず上で紹介したストレッチを実践してみてください。僕は劇的な効果がありました。

SPONSORED LINK

2 件のコメント

  •  おお! 効きます。とても効きました。
    左肩〜首にかけて痛みがあり、年中昔のビートたけしのように肩を上下させていた私ですが、久しぶりに痛みから開放されました。
    もちろん一時的なのでしょうが…続けてやる価値がありそうです!

    ありがとうございます。

    • HIROさん

      コメントありがとうございます!効きますよね。慢性的なケースは枕を変えると良いですよ。僕はイオンに入っている「じぶんまくら」を使うようになってから一切痺れが起きなくなりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タカタロウ

    「正直で自由なブログにしたい」と思っている東京都東村山市在住の明るいバカ。誤字脱字が多いです。気付いたらコメント欄から知らせていただけると助かります(^_^)