我が家の猫ちゃん曰く、高級キャットフード『ジャガー』が激ウマらしい

困ったことに猫ちゃんも違いがわかるんですね。

無料でキャットフードを貰いました

先日、渋谷に行ったときに何かのイベントに遭遇して、ふらっと野次馬してたらキャットフードを無料で貰ったんですよね。

キャットフード

3種類もキャットフードをもらいました(^_^)/
なので、今回はメーカーさんへの恩返しの意味も込めて記事にします。

困ったことに違いがわかるみたい

もう貰ったのも忘れていたんだけど、今日ようやく実家で飼っている猫ちゃんにあげられましたよ。

キャットフード ジャガー

3つあるんだけど適当に選んで、まず「ジャガー」ってキャットフードを猫ちゃんにあげてみました。

キャットフード ジャガー

猫ちゃんに『ジャガー』を見せてみると挙動不審に。「オイ!なんだなんだ!!」と目を輝かせて寄ってきました(笑)。

キャットフード ジャガー

あ、これハサミを使わなきゃいけないタイプだ、と僕がモタモタしている横から『ジャガー』をクンクン嗅ぎまわる猫ちゃん。

キャットフード ジャガー

お皿に『ジャガー』をあける横から食べ始める猫ちゃん。飢えてんのかよ!

キャットフード ジャガー

食べる、食べる、食べる。

キャットフード ジャガー

早食い選手権でしたっけ?ってくらいのスピードで食べる。

キャットフード ジャガー

すんごいスピード。あっという間にパックの半分を食べちゃいました。

ジャガー 猫の餌

空っぽのお皿をうらめしそうに眺める猫ちゃん。『ジャガー』のパックをクンクン臭いを嗅いで僕にアピール。

ジャガー 猫の餌

「くれよ。まだ残ってるじゃん。くれって」。猫ちゃんの無言のアピールが続きます。

ジャガー 猫の餌

(じーっと見つめる猫ちゃん)

そんなに見つめられてもなぁ、お前ちょっと太り気味だし今日はもういいんじゃない?

(じーっと見つめる猫ちゃん)

わかったわかった、じゃあコレあげるよ!

と、いつもあげているキャットフードをお皿に入れる。

猫 キャットフード

お皿に入れたキャットフードの臭いを嗅いだと思ったら、「チッ、これかよ」ってリアクション。

猫 キャットフード

一口も食べずに移動する始末。おいおい。

猫 キャットフード

お皿から少し距離を置いて、僕を見つめる猫ちゃん。「さっきのアレをくれよ」と聞こえてきます。

そんなに美味しいの???と面白くなったので実験してみました。

猫 キャットフード ジャガー

普段のキャットフードと『ジャガー』を左右において猫ちゃんに提供。

ジャガー キャットフード

食べる、食べる。

ジャガー キャットフード

『ジャガー』しか食べない。

ジャガー キャットフード

いつものキャットフードは一粒も食べませんでした。

おい、まだ残ってんだろコレも食えよ。と猫ちゃんに言うと目線をそらせます。

ジャガー キャットフード

もうほとんど無くなっちゃったけど、ジャガーってそんなに旨いのかー。

ジャガー キャットフード

よし、残りは次回の楽しみってことで、またね!

と、僕がその場を去ろうとすると、ジャガーちょうだい!ちょうだい!まだ残ってるでしょ!と猛アピールする猫ちゃん。

ジャガー キャットフード

いやいや、お皿にいつものキャットフードが残ってるから。まずそれを食べろよ。話はそれからだ。

そう言っても、またジーっと見つめてアピールするのでした。

ジャガー キャットフード

あー、かわいかった(^^)

あと2種類あるから、それも旨いんだろうなぁきっと。あげるのが楽しみです。

ジャガー高すぎる問題

そんなに喜んでくれるんなら僕だって猫ちゃん大好きですから「買ってやろうかな」と思いましたよ。でも調べてみたら値段が高いんです。いや、高すぎるんです。

公式サイト⇒ https://www.jaguarcatfood.jp

ホームページで人間さまも羨むほどの食材を使って作られてるのはわかったんだけどさ、1.5キロで4280円プラス税です。ホームセンターで売っている激安キャットフードの10倍の値段ですよコレ。

ちょっと僕の許容範囲を超えているかなぁー。

ってなことで、うちの猫ちゃん、どんまい!

まとめ

キャットフードも10倍も高いヤツだと激ウマらしいです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。